プラント設計分野への転職は「プラント設計転職ナビ」にお任せ下さい

  • HOME
  • 求人検索
  • 世界自然遺産の小笠原諸島(父島・母島)を守る

世界自然遺産の小笠原諸島(父島・母島)を守る
管清工業株式会社

【ジョブNo.jid0000000537

  • 世界自然遺産の小笠原諸島(父島・母島)を守る
  • 世界自然遺産の小笠原諸島(父島・母島)を守る
  • 世界自然遺産の小笠原諸島(父島・母島)を守る
実現したいこと

下水道のトータルメンテナンスを担うパイオニアとして、持続可能な水源確保ができる社会を実現する。

挑戦していること

常にお客様の満足を得るサービス提供を念頭におき、作業の安全性と環境に与える負荷低減を基本に、長期的目線で300年継続する企業を目指しております。

当社は、下水道のトータルメンテナンスのパイオニア企業です。
主に、建物などの排水設備や公共下水道施設の点検・調査・清掃・補修などを行っています。全国に20箇所を超える事業所ネットワーク網を整備し、下水道施設の機能を常に安定した状態に保ち、安全で快適な生活環境を陰ながら支えています。

「常にお客様の満足を得るサービスの提供を念頭におき、作業の安全と環境に与える負荷の低減を基本に長期的目線で安定経営のできる企業を目指す」ということを企業理念として掲げ、社会に欠かせないインフラを支える担い手として、下水道を利用するお客様の目線に立ち、300年継続する企業を目指しております。

設立は1962年。当社は設立から50年を超え、業界では老舗の部類です。
しかし、それにあぐらをかくつもりはありません。目指しているのは300年続く企業。私たちの暮らしに欠かせないインフラである下水道の維持管理を通じ、社会に求められる存在として歩んでいきたいと考えています。

■積み重ねたノウハウと技術で社会に貢献
いち早く下水道管路の維持管理という分野で事業をスタートしたことで、半世紀以上に及ぶ実績・経験に裏打ちされたノウハウを蓄積してきました。
また、技術や手法の確立されていない中、自分たちの目と手で調べて確かめた最適な答えを提案していくことにより信頼を獲得。現在では、およそ47万kmにも及ぶ全国の下水道管路の清掃・調査・補修を一貫して行う事業を展開しています。快適な生活を維持するためでなく、大切な水環境の保全でも一翼を担うパイオニアとして、社会貢献に全力を尽くしています。

■高い技術力と革新的な技術開発力でインフラを守る
日本の下水道普及率は78.8%です。そのうち築造後50年以上を経過した管路も少なくありません。コンクリートの寿命は50年程度といわれていますが、適切な管理や補修で長寿命化することは不可能ではないのです。
今後、新たな技術開発とその導入によって、下水道管路の延命を図ります。さらに調査・清掃作業のロボット化で安全かつ確実な管理を追求していきます。
例えば、現場で活躍する若手社員からのアイデア・提案により、スクリーニング用TVカメラ、グランドビーバー、グランドスウィーパーなど大口径下水管用ロボットの開発、地震対策技術、各種管更生工法など、革新的な技術開発を進め、新たな清掃、調査、補修方法を次々と開発。人が入れない現場に対応したロボットシステム、よりすばやく・広範囲に確認できるカメラシステムなどは、現場部門と開発部門が近いからこそ、実現できた技術であり、市場からは、「管清工業にできないものはない」という高い評価を得ています。

【当社の特徴】
■世界自然遺産を守る重要な業務
小笠原諸島の豊かで独特な自然の価値が認められ、2011年に世界自然遺産として登録されました。日本における世界自然遺産は、「屋久島」「白神山地」「知床」に続き、4番目の登録となります。当地で【水収支・水資源リサイクル】を担うことにより世界自然遺産・小笠原の水を守ることに直結します。また、老若男女問わず、年々移住者が増加している小笠原諸島の水環境を支えることで、住民が安心して暮らすことができる環境を提供します。
又、当地における地域貢献事業として、アマチュア相撲経験者による神社における奉納相撲大会の参加や子供相撲教室の開催、小学校における下水道出前授業のボランティア実施など各種島内イベントに積極的に参加すると共に、処理場から発生した汚泥の再生利用としてバナナ等の栽培実験を行い地域に還元・貢献します。

■小笠原に魅了された5名の常駐社員
小笠原出張所には、現在5名の社員が常駐しており、各自得意とする分野はあるもののオールマイティを目指しております。もともと島内に住んでいる者、旅行で小笠原に来て魅了されて移住を決意した者などがおります。プロ意識で業務を行ないながら、業務終了後や休日には雄大な大自然の中で釣りやマリンスポーツなど自己の趣味を満喫しています。

■こつこつ真面目、全国展開する業界のパイオニア
・魅力1
(1)上・下水道インフラを担っているので需要がなくならず、会社の安定性抜群です。
(2)平均勤続年数20年弱と長期就業可能な会社です。

・魅力2
同社は設立以来、約半世紀にわたり、一貫して「管」(パイプ)の維持・管理を行い、日本の下水道インフラを支えてきました。このように下水道の管を専門的に管理し、パイプを清掃することが社名「管清工業」の由来となっています。まさに「名は体を表わす」という言葉を体現しています。
創業当初より、下水道管路の維持管理という、他企業がやりたがらない仕事に着目し、使命感を持って市場を開拓してきました。ライフラインの要ともいえるこの仕事を、先人達の苦難を糧に、「こつこつ」と真面目に行ってきたことが、業界をリードするパイオニアとしての確固たる地位を築く大きな要因になっています。顧客の要望に応え続けていくことで、日本で唯一、全国ネットワークの事業展開を実現し、全国の下水道利用者のサービス向上を可能にしました。

【こんな人に話を聞いてみたい】
小笠原移住に興味がある方で、必須項目に該当する方

募集要項

募集職種名 下水処理場の運転管理職
年収 400万円~700万円
給与詳細 <給与詳細>
※年収は経験を考慮し決定いたします。
月給20万円~33万円+各種手当+賞与年2回(賞与は入社2年目以降支給)

<年収例>
年収520万円/27歳(入社5年)
年収700万円/32歳(入社10年)
年収820万円/37歳(入社15年)

<給与補足>
■昇給:年1回(7月)
■賞与:年2回(7月、12月) ※業績による
■手当:工事手当(5千~2万円/月)
奨学手当(扶養子女の初年度入学時に一時金支給)
配偶者⼿当(配偶者:⽉2万円/対象者のみ)
時間外⼿当(超過分別途⽀給)
管理職⼿当
出張⼿当
※試用期間中は配偶者手当および工事手当の支給がありません。その他、給与・待遇に変わりはありません。

<賃金形態> 
月給制
勤務地 東京都
勤務地詳細 <勤務地詳細>
小笠原村
東京都小笠原村父島字東町

<勤務地補足>
東京都小笠原村(父島・母島の2か所を当番制で巡回します。)
住居については面接時に応相談

<転勤有無>
原則無し

<アクセス>
東京都小笠原村(父島・母島)全域での勤務となります。
仕事内容 し尿処理施設の運転管理及び指導・監督出来る方を求めています。
平成27年より、父島の下水道管路施設の維持管理、ポンプ施設・し尿処理施設の運転管理を小笠原村から包括民間委託契約を結ばせて頂きました。
平成30年より、上記内容にプラスして、父島の水道施設、母島のし尿処理施設の委託契約を結ばさせて頂き、徐々に委託内容及び活動範囲が広がってきていて、小笠原村の方々からも評価を頂戴しています。
今後、当社としても小笠原村の要望に応えるべく、また父島と母島と活動拠点が2か所に増えたこともありまして、日々の業務の中心である、し尿処理施設の運転管理及び指導・監督出来る方を1名募集する計画を立てました。

<主な業務内容>
①し尿処理施設の運転管理…機械やポンプ等の動作確認、施設内の巡視点検・清掃、中央監視室での計測値及び施設の監視業務、不具合等が発生した際の緊急対応
②水質管理…放流水等の水質検査(pH、BOD、SS等)、汚泥分析、ケーキ含水率分析
③汚泥脱水・搬出…指定箇所への搬出作業
④各種点検の報告書作成
⑤その他付随業務…浄化槽設備及び下水道管路施設の点検補助業務等

■組織構成:配属部署(小笠原出張所)には5名のメンバーが在籍しています。
(30代2名、40代2名、50代1名)
対象となる方 ■必須条件
浄化槽管理士資格及び処理能力1400m³/日以上のし尿処理場、浄化槽又は終末処理場において水処理・汚泥処理施設の維持管理業務の実務経験がある方

■歓迎条件
浄化槽技術管理者資格 または、浄化槽技術管理者に相当する管理者経験がある方
世界自然遺産の小笠原諸島(父島・母島)を守る 世界自然遺産の小笠原諸島(父島・母島)を守る 世界自然遺産の小笠原諸島(父島・母島)を守る
雇用形態 正社員
勤務時間 8:00~17:00 (所定労働時間8時間)
休憩時間:60分
時間外労働有無:状況により有り
《補足》
・台風等の天災時に状況により緊急対応をしていただくことがあります。
休日休暇 週休2日制
有給休暇10日~20日
休日日数130日

土曜、日曜、国民の休日
年次有給休暇(初年度10日/最高20日)、GW、夏季休暇、年末年始、慶弔休暇、その他(育児・介護、子の看護休暇、ボランティア休暇)
福利厚生 通勤手当(規則による)
配偶者手当(対象者のみ:2万円)
健康保険
厚生年金保険
雇用保険
労災保険
退職金制度(定年:60歳・入社3年目以降)

<研修・資格奨励制度>
社内研修、フォローアップ研修、管理職研修
資格取得奨励制度、排水管理総合技術検定(取得費用、報奨金支給)

<その他補足>
社員持株制度
保養所
作業服・制服貸与
クラブ活動(野球、釣りなど)
管理職手当(課長:10万円/月、部長:20万円/月)
資格取得支援制度
会員制福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」加入(旅行代金の補助など)
確定拠出年金制度
慶弔見舞金制度
団体3大疾病保障保険
選考プロセス WEB登録内容での審査

書類審査

1次面接

2次面接

内定
(面接は、東京都世田谷区または、神奈川県横浜市の事業所で実施いたします)

会社概要

設立年月日 1962年10月04日
代表者 代表取締役 長谷川 健司
本社所在地 東京都世田谷区上用賀1丁目7番3号
資本金 2億5,000万円
従業員数 468人
事業内容 建築物排水管および下水道管路施設の総合維持管理業
連絡先 03-3709-6072
企業URL https://www.kansei-pipe.co.jp